メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.70

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 泰西本草名疏 


 
標準画像(800x600,80KB)
大型画像(1280x960,176KB)

 
標準画像(800x600,90KB)
大型画像(1280x960,202KB)

資料 「泰西本草名疏(たいせいほんぞうめいそ)」 伊藤圭介自筆稿本 〔文政11-12(1828-29)〕 1冊 25.1×17.6p
解題  文政11年(1828)長崎にてシーボルト(P.F.von Siebold)より贈られたツュンベリー(C.P.Thunberg)の『日本植物誌』(Flora Iaponica)をもとに日本産植物の学名(ラテン語)をABC順に並べ、対応する和名と漢名を記したもの。セピア色の文字はシーボルトの書き入れ。朱字は本草学者賀来佐一郎筆。【マルシ】とあるのは既に長崎でシーボルトから得ていた見解であるが、文政11年秋に発覚したシーボルト事件のため刊本ではシの字が削られ○印のみとなる。伊藤圭介(1803−1901)は名古屋生まれ、植物学者。24歳の時、長崎でシーボルトから博物学の教えを受ける。後、蕃書調所などに出仕、維新後は東京大学に迎えられ明治21年(1888)わが国最初の理学博士となる。
当館請求記号 WA22-4



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998