メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.69

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 新釈輿地図説 


 
標準画像(800x600,109KB)
大型画像(1280x960,237KB)

 
標準画像(800x600,144KB)
大型画像(1280x960,315KB)

資料 「新釈輿地図説(しんしゃくよちずせつ)」 渡辺崋山手写本 〔天保年間〕 1冊 22.5×15.8p
解題  蘭書から小関三英が抄訳した『新撰地誌第二稿』の一部分を崋山が筆写校正したもの。原書はオランダ人プリンセン(Pieter Johannes Prinsen 1777-1854)の『世界地理書』(Geographische oefeningen)第2版(1817)である。冒頭の部分は三英の訳文に相当の修訂が加えられ、欄外には按文が付され、崋山の筆写校訂の意図が窺える。蛮社の獄(1839)の際に幕府が没収したもので、当館所蔵の「旧幕府引継書」のなかに含まれていた。崋山(1793-1841)は三河国田原藩士。天保3年(1832)に家老として海防を担当、本格的に蘭学研究を開始した。小関三英、高野長英等の蘭学者を通じ世界地理書、歴史書、兵学書等広範な書物により海外事情を学び、日本の現状を客観的にとらえる必要性を説いた。蛮社の獄で逮捕され田原に蟄居、自刃した。
当館請求記号 WA21-5



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998