メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.67

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 南総里見八犬伝 


 
標準画像(800x600,62KB)
大型画像(1280x960,145KB)

参考出品 版本
標準画像(800x600,110KB)
大型画像(1280x960,302KB)

資料 「南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)」 第9輯巻1-6 曲亭馬琴自筆稿本 天保5(1834) 6冊 26.5×19.0p
解題  曲亭馬琴(1767−1848 本姓滝沢)の自筆稿本。安房里見家を舞台に八犬士の活躍を綴った読本。全9輯106冊。『八犬伝』の執筆には29年の歳月が費やされた。展示本を執筆した天保5年(67歳)には右眼失明、天保12年以降は嫁お路が代筆した。自筆稿本は当館のほか早稲田大学図書館、都立中央図書館、天理図書館等にも所蔵されている。馬琴は寛政2年(1790)山東京伝に入門、戯作者となる。代表作『八犬伝』のほか多くの読本、合巻、黄表紙などを著した。稿料のみで生計を立てた最初の作家といわれる。なお、当館では馬琴手沢の初印本『南総里見八犬伝』や自筆書簡(40数通)なども所蔵する。
当館請求記号 WA19-15



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998