メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.66

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 万葉集略解 


 
標準画像(800x600,105KB)
大型画像(1280x960,215KB)

資料 「万葉集略解(まんようしゅうりゃくげ)」 巻1,3−5,11上,13,17−20 加藤千蔭自筆稿本 〔寛政3-12(1791-1800)〕 11冊 24.4×18.9cm
解題  加藤千蔭(1735−1808)は賀茂真淵門下の歌人、国学者。本姓は橘。江戸町奉行所与力を務めた。『略解』執筆開始は退職後57歳の時。寛政3年(1791)起稿、同12年浄書完了。編述にあたっては師の真淵説をはじめ、契沖、本居宣長、村田春海らの諸説が参照された。とりわけ宣長には稿本の成る毎に示して助言を請うている。全20巻30冊の出版が完了したのは没後の文化9年(1812)。万葉集全歌の平易な注釈書として近代まで広く用いられた。なお、自筆稿本は東京国立博物館等でも所蔵する。
当館請求記号 WA18-6



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998