メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.65

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 古事記伝 


 
標準画像(800x600,87KB)
大型画像(1280x960,182KB)

 
標準画像(800x600,46KB)
大型画像(1280x960,98KB)

資料 「古事記伝(こじきでん)」 巻1,2 本居宣長自筆稿本 〔天明5-8(1785-88)〕 2冊 27.4×18.9cm
解題  『古事記』の注釈書。著者本居宣長(1730-1801)は江戸時代中期の国学者。伊勢松坂の人、鈴屋と号した。宝暦13年(1763)34歳の時に賀茂真淵に入門。『古事記』注釈研究に志し、30数年かけて完成したのが『古事記伝』全44巻44冊である。宣長自筆の稿本は草稿(初稿)本、巻17(版本巻18)-44の27巻22冊、再稿本全44巻44冊が本居宣長記念館と天理図書館に現存する。当館が所蔵するのは巻1(総論)、巻2(『古事記』序文の注釈、神統・皇統の系譜)の最終稿本と考えられる。宣長自筆と伝えられるが、異筆と見られる部分もあり今後の精査が待たれる。随所に施された付箋や朱などによる加筆訂正からは宣長の推敲の跡を窺うことができる。『古事記伝』成立の過程を知るための重要な資料。「須受能屋蔵書」の印記。
当館請求記号 WA18-9



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998