メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.58

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 江戸近郊八景之内 


 
標準画像(800x600,79KB)
大型画像(1280x960,175KB)

特別展示で全頁画像が見られます。

資料 「江戸近郊八景之内(えどきんこうはっけいのうち)」 8枚 歌川広重(一世)画 〔天保9(1838)頃〕 1帖 31.5×43.0cm
解題  大判錦絵8枚揃の連作。芸術性の高さで広重(1797−1858)の代表作として知られる。「吾嬬杜夜雨」「羽根田落雁」「行徳帰帆」「玉川秋月」「小金井橋夕照」「芝浦晴嵐」「池上晩鐘」「飛鳥山暮雪」の八景が描かれている。初版は大盃堂呑桝という狂歌師とその連の注文制作品で欄外に「大盃堂開版」と刻記、各図中に3首ないし4首の狂歌を入れ、喜鶴堂(佐野屋喜兵衛)から刊行された。当館のものは後版で欄外の刻記は削除、狂歌は削除あるいは新しく入れ木により加えられるなど、各図1首ないし2首に変更されている。図中の極印(錦絵刊行に際しての検閲の印)の下に版元喜鶴堂「喜霍」の角丸方形朱印がある。この8枚揃は初版はもとより後版のものも遺品が少なく珍重される。
当館請求記号 WA33-5



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998