メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.37

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 韻鏡 


 
標準画像(800x600,146KB)
大型画像(1280x960,275KB)

 
標準画像(800x600,97KB)
大型画像(1280x960,178KB)

資料 「韻鏡(いんきょう)」 永禄7(1564)刊 1冊 28.8×20.0p
解題  隋唐時代の漢語の発音を一覧表にしたもの。南宋の紹興31年(1161)に張麟之によって初めて刊行された。中国では早くに佚亡して伝わらないが、わが国では嘉泰3年(1203)刊本が鎌倉時代に伝来して以来、漢字音を知るための重要な資料として珍重されてきた。最初の和刻本が享禄元年(1528)に、訂正改刻本が永禄7年(1564)に刊行されている。永禄刊本は展示本のほかに現在数本の所在が確認されている。首葉に「船橋蔵書」(清原家)の印記。国語学者亀田次郎旧蔵本。
当館請求記号 WA6-81



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998