メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.33

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 聚分韻略 


 
標準画像(800x600,54KB)
大型画像(1280x960,95KB)

 
標準画像(800x600,139KB)
大型画像(1280x960,265KB)

資料 「聚分韻略(しゅうぶんいんりゃく)」 5巻 虎関師錬著 薩陽和泉荘 文明13(1481)刊 1冊 24.6×19.0cm
解題  薩摩版。室町時代に島津氏領内で出版されたもので薩摩版『聚分韻略』として知られる。『聚分韻略』は、作詩の参考に用いる韻引き辞書で主に禅林において用いられ、中世に約20種ほどの版がある。計113韻、約8,000の漢字をおさめる。著者虎関師錬は南北朝時代の臨済宗の僧侶、詩文に長じた。展示本は平声、上声、去声を3段に重ねて検索の便宜をはかった三重韻形式の現存最古の版。無訓本。音訓仮名の加筆は室町時代と見られる。「青裳文庫」(狩谷【エキ】斎)の印記。
当館請求記号 WA6-51



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998