メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.11

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 大唐西域記 


 
標準画像(800x600,94KB)
大型画像(1280x960,167KB)

資料 「大唐西域記(だいとうせいいきき)」 12巻(巻9−12欠) (唐)玄奘訳 (唐)弁機撰 〔南宋〕刊 8帖 28.8×11.3cm
解題  思溪版大蔵経の内。思渓版大蔵経は南宋紹興2年(1132)から浙江省湖州思溪の圓覚禅院で、王永従一族の発願で開版された大蔵経。日本にはかなりの数が舶載され、江戸時代開版の天海版一切経の底本となったともいわれる。『大唐西域記』は唐の僧玄奘三蔵が貞観3年(629)長安を発し、同19年(645)の帰国までに遊歴した西域、インドの仏教遺跡、風俗、生活などを記録したものである。中国明代の小説『西遊記』や、わが国の『今昔物語』の天竺説話などに影響が見られる。近世には一切経以外に単独でも刊行されている。帖装。各巻末に歌人、仏教信仰人でもあった鎌倉幕府の御家人、藤原時朝(1203-65)が建長7年(1255)鹿島社に奉献した旨の識語がある。
当館請求記号 WA35-1



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998