メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.3

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 毘沙門天画像 


 
標準画像(800x600,72KB)
大型画像(1280x960,234KB)

資料 「毘沙門天画像(びしゃもんてんがぞう)」 〔平安時代末期〕刊 1軸 縦42.6cm
解題  摺仏または印仏と呼称される仏教版画。平安後期、興福寺の末寺として繁栄した大和中川寺に伝来した木造毘沙門天立像の胎内に納められていたもので、右手に剣、左掌に宝塔を載せ、岩座に立つ高さ約17pの毘沙門天像が上段に4体、下段に3体捺印されている。紙背に応保2年(1162)の識語がある。現存する仏教版画のうち制作時期の推定できる最古の作例で、平安、鎌倉期における出版文化研究の重要な資料のひとつである。
当館請求記号 WA4-2



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998