憲法普及会「新憲法施行記念祝賀会プログラム」 1947年5月3日 | 日本国憲法の誕生

資料と解説

5-3 憲法普及会「新憲法施行記念祝賀会プログラム」 1947年5月3日

帝国劇場で行われた祝賀会では、芦田均憲法普及会会長の開会の辞に続き、東宝交響楽団「祝典交響曲(へ長調)」、諏訪根自子のヴァイオリン独奏、6代目尾上菊五郎による「娘道成寺」の上演等が行われた。憲法普及会の『事業概要報告書』によれば、招待者は各皇族、衆・参両院議員、官庁、学校の代表者、連合軍各国代表などで、豪華なプログラムであったこと、会場所有者である東宝株式会社が営利を度外視して、短時日のうちに準備を完了したこと等が記録されている。また会場には外国人賓客のために生花、書画が展示され、休憩時間には表千家による茶もふるまわれた。

資料名 新憲法施行記念祝賀会
年月日 昭和22年5月3日
資料番号 鈴木隆夫文書 67
所蔵 国立国会図書館
原所蔵  
注記  
Copyright©2003-2004 National Diet Library All Rights Reserved.