枢密院委員会記録 1946年4月~5月 | 日本国憲法の誕生

資料と解説

4-1 枢密院委員会記録 1946年4月~5月

枢密院は、幣原内閣が辞表を奉呈した1946(昭和21)年4月22日に、諮詢案に対する第1回の審査委員会(委員長:潮恵之輔顧問官)を開いた。審査委員会は、5月15日の第8回会議まで、数日おきに、ほぼ連続して開かれ、憲法改正草案の審議がおおむね逐条的に行われた。5月22日に吉田内閣が成立したため、諮詢中の草案は一旦撤回され、5月27日に若干の修正を加えたものが再び諮詢された。審査委員会は、5月29日に再開され、第9回委員会で一通り審査は終了した。枢密院の会議は秘密会議であり、枢密院事務官による要領筆記が唯一の公式記録である。

資料名 枢密院委員会記録
年月日 昭和21年4月~5月
資料番号 入江俊郎文書 31
所蔵 国立国会図書館
原所蔵  
注記  
Copyright©2003-2004 National Diet Library All Rights Reserved.