松本国務相「憲法改正私案」 | 日本国憲法の誕生

資料と解説

2-8 松本国務相「憲法改正私案」

1946(昭和21)年1月9日の憲法問題調査委員会第10回調査会(小委員会)に松本が提出した憲法改正私案、及び松本の自筆原稿。12月26日の第6回総会のあと、自らも率先して起案すると言明した松本は、正月休暇を利用して改正案を草し、1月4日に脱稿した。7日には、これをもとに天皇に憲法改正問題の状況について奏上した。続く9日の第10回調査会で当改正案が配布されたが、会議後回収された。松本は、12日の第11回調査会で、前回批判された箇所の大部分を訂正した。

資料名 憲法改正私案原稿
年月日 昭和21年1月4日
資料番号  
所蔵 東京大学法学部法制史資料室松本文書
原所蔵  
注記  
資料名 憲法改正私案(一月四日稿) 松本丞治
年月日 昭和21年1月4日
資料番号 入江俊郎文書 9(「憲法問題調査委員会関係」の内)
所蔵 国立国会図書館
原所蔵  
注記  
Copyright©2003-2004 National Diet Library All Rights Reserved.