近衛文麿の憲法改正要綱 | 日本国憲法の誕生

資料と解説

2-1 近衛文麿の憲法改正要綱

内大臣府廃止を前に、共同作業者の佐々木惣一と意見の調整が出来ず、近衛文麿が単独で天皇に奉答したもの。条文化せず、要綱という形でまとめられている。明治憲法の基本的枠組みはほぼそのままながら、天皇の大権の制限や臣民の自由の尊重など、民主主義の強化とそのための天皇制の改革というGHQの憲法改正の方向性をかなり反映したものになっている。この要綱は、近衛自決後の12月21日に『毎日新聞』で報じられた。

資料名 帝国憲法ノ改正ニ関シ考査シテ得タル結果ノ要綱
年月日 昭和20年11月22日
資料番号  
所蔵 国立公文書館
原所蔵  
注記  
資料名 近衛公の憲法改正草案(『毎日新聞』)
著者名  
出版地 東京
出版者 毎日新聞社
出版年月 昭和20年12月21日
資料形態  
NDLC  
NDC  
請求記号 Z81-6 閲覧はマイクロ資料:YB-6
所蔵 国立国会図書館
注記  
Copyright©2003-2004 National Diet Library All Rights Reserved.