文書庫

d. ハッシー文書 1946年2月1日~3月6日

Alfred Hussey Papers; Constitution File No. 1は、民政局(GS)内でケーディス、ラウエルらと共にGHQ草案(いわゆるマッカーサー草案)の起草に参画したハッシー(Alfred R. Hussey, Jr.)が所蔵していた文書。ハッシーは当時海軍中佐であったが、入隊以前は米国で弁護士や裁判官として活動しており、GHQ草案の作成時には運営委員として中心的な役割を果たした。同文書は、1946(昭和21)年2月2日から3月6日までの日本国憲法制定過程に関するGHQ側の記録によって構成されており、その中にはGHQ草案を日本政府に手交した際の記録も含まれている。GHQ草案が作成された経緯を知る上で重要な文書である。なお、ハッシー旧蔵の文書は、当館以外にミシガン大学でも所蔵しており、それについては当館でマイクロフィルムによる閲覧が可能である(請求記号 YE-005)。

資料名 Alfred Hussey Papers; Constitution File No. 1
年月日 1 February 1946 to 6 March 1946
資料番号  
所蔵 国立国会図書館
原所蔵  
注記  

目次

その他番外資料

Copyright©2003-2004 National Diet Library All Rights Reserved.